2019年 出展予定クラフトフェア


2009年01月10日

危険な装置

これはなんの装置かわかりますか?

neon1.JPG neon2.JPG neon3.JPG

非常に危険きわまりない装置です。

へたをすると死にいたることもあります。

この装置のスイッチは英語で 
Deadmans Switch(デッドマンズ スイッチ)
と呼ばれ、恐れられています。



実はこの装置はネオン管を真空引きする時のものなんです。

ネオン管って、あのガラスの管にネオンガスやアルゴンガスを注入して、高圧の電流を流して発光させるあのネオン管です。




ネオン管を制作する手順を簡単に説明すると、
まずガラス管(両端が切れたガラスの筒)をバーナーであぶって、
自分の好きな形にします。(通常は看板に使うことが多いので文字の形)

バーナー
neon5.JPG



それが終わると両端に電極というものをバーナーを使って溶着します。


それから上の写真の装置を使って、真空引きした後にガス(ネオンガス、アルゴンガス)を封入してできあがり。

neon6.JPG



「真空引き」というのはガラス管の中を真空に近い状態にすることです。
真空引きしてからガスを封入します。


ではなぜ、この装置が恐ろしいのかと言えば、
真空引きする時にガラス管に高電圧をかけてガラス管を焼いて、ガラス管の本体の不純物を出し、空気と一緒にそれを取り除いて真空にします。
こうしなければ、長持ちするネオン管ができないのです。

このときの高電圧とは15000V(ボルト)!
電流は20A(アンペア)ぐらいだったと思います。


これが15000Vにするトランス
neon4.JPG



もしまちがえて、電極あたりに触れば、死んでしまいます。
よくて手の指が炭になる←泡をふいてぶったおれます。
恐ろしい〜



Deadmans Switch(デッドマンズ スイッチ)の意味はそういうことです。




私はステンドグラスの世界に入る前、ネオンアートをやりたくて
毎日ネオン管を曲げる練習をしていました。

結局ステンドグラスの方が性分に合っていたので、今はこうなっています。


とはいえ、今でもネオンに若干の未練があります。


今でもネオン管を作るための設備はもっているので、
またいつかネオンアートができる日を夢みています。



ブログランキングに参加してます。
参考になりましたら応援お願いします。
   
banner_02.gif
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
 

























スポンサーリンク




posted by S.H at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。